中国輸入 せどり ネットビジネス 初心者 稼ぐ 副業 ノウハウ 月商100万

輸入ビジネスとせどりで年商2億を稼ぐ方法を教えるブログ

コンサル生さんから嬉しい報告をもらいました!

コンサル生さんから嬉しい報告をもらいました!

 

高橋です。

 

 

昨日、僕がコンサルをしているコンサル生の方から非常に嬉しい報告をもらいました^^

 

 

その内容というのが「在庫で抱えていた商品がコンスタントに売れる商品に代わってきました!」という内容の報告です。

 

 

その方は、以前に違う人からコンサルを受けて物販を始めた方だったのですが、リサーチを徹底的にせずに在庫を仕入れてしまった為、在庫の山を抱えて資金不足に陥っていたところに僕に相談をくれた方でした。

 

 

コンサル生さんに内容を聞くと、結構いろんな種類の商品の在庫を持っていたのですが、すでに自分で何が売れ筋になるか?という事が分からずに、今後どういった形で販売と資金回収を行っていけば良いかが解らずに非常に苦しんでいたのを覚えています。

 

 

仕入れで結構資金も使ってしまったらしく、かなり資金もカツカツ状態だと言ってましたらかね・・・^^


 

タグ :      

ネットビジネスで成功する為の法則    コメント:0

ヤフオクから儲る商品を見つける!中国商品のリサーチノウハウ

ヤフオクから儲る商品を見つける!中国商品のリサーチノウハウ

 

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%82%aa%e3%82%af

 

hideです。

 

この頃は結構気温が下がってきたので冬物商品の売れ行きが伸びてきています^^

 

基本的に僕は季節商品には限定しないようにしているのですが、ハロウィン商品やクリスマス商品等はかなり売れ行きがよいので積極的に扱うようにしています。

 

では、本日はヤフオクから中国商品を見つける方法を解説していきます。

 

アマゾンで販売しているライバル出品者は以外とアマゾン以外のサイトからはリサーチしていません。

 

アイディア次第では、色々な商品を見つける事が可能になる方法なので、ライバル多く差を付けられる可能性があります。

 

又、色々な商品を見つける事ができるので、リサーチが上手くいかない人には是非読んでもらいたい内容です。

 

目次
ステップ1 まずはヤフオクで中国商品を探そう!

ステップ2 それらしい商品を見つけたらタオバオ⇒アリババの順で検索してみる!

まとめ


 

タグ :                 

中国輸入ノウハウ    コメント:0

中国輸入ビジネス 以外と使える画像検索リサーチ方法

中国輸入ビジネス 以外と使える画像検索リサーチ方法

 

gazou

 

hideです。

 

中国輸入ビジネス初心者のうちって、仕入れできそうな商品を見つけても果たしてそれが本当に中国商品なのかどうか判別にこまる事がよくあると思います。

 

僕もリサーチ初心者の頃は何度アマゾン⇒タオバオ⇒アリババ⇒又アマゾンと何度もいったりきたりして時間をかけてリサーチしていました。

 

しかし、今のインターネットでは非常に便利で使えるノウハウが存在します。

 

それがグーグルを使った画像検索です!

 

正直全ての商品を必ず見つけられるわけではありませんが、よくあるタオバオの画像をそのまま使っている商品などではかなり有効な検索方法なので、リサーチに時間がかかるという人は是非とも実践してみる事をオススメします。

リサーチの時間が大幅に短縮できるはずですよ。


 

タグ :             

中国輸入ノウハウ    コメント:0

中国輸入ビジネス 先輩セラーから売れる商品を盗む方法

中国輸入ビジネス 先輩セラーから売れる商品を盗む方法

 

a8dada6f

 

hideです。

 

実は、僕は利益150万を達成するまではずっと相乗りで稼いでいました。

 

現在のアマゾンは飽和していて稼げないと言われますが、僕からしてみたら全く???です。
僕が本格的に物販ビジネスを始めたのは2014年からですが、その時も飽和という事が騒がれていました。

でも、そんな飽和していると騒がれていると言われている中でも、僕は着実に売上も利益も上げる事に成功しました。

 

では、なぜそんな環境でも利益を上げる事に成功したのかというと、とにかくリサーチの質を上げる事に注力したからです。


 

タグ :                    

中国輸入ノウハウ    コメント:0

中国輸入ビジネス ビジネスに必要な銀行口座を作ろう!

中国輸入ビジネス ビジネスに必要な銀行口座を作ろう!

 

8658671

 

hideです。

 

アマゾンでの物販ビジネスにかぎらず、入金用の銀行口座を用意する必要性があります。

 

僕は一番最初に全く意識をしていなくて、生活資金も兼用になっている地方銀行口座を登録して大失敗した事があります。

 

僕が今まで経験してきた中で、作っておいた方が良い口座や使いやすい口座をお伝えしていこうと思います。

最悪、今使っている生活資金口座と兼用にもできますが、きちんとビジネスを行っていくならば「支出管理」

「利益管理」を行っていく必要性があるので別口で入金口座を作った方が絶対によいですよ。


 

タグ :             

中国輸入の始め方    コメント:0

ネットビジネスで稼ぐ 最高の成功は続ける事 最大の失敗は諦める事

中国輸入で稼ぐ為のマインド 最高の成功は続ける事 最大の失敗は諦める事

 

Heaven and Hell Sign

hideです

 

ビジネスを行っていく上において、かならず「継続していける人」「途中で諦めてしまう人」の2パターンの人間が出てきます。

 

事、ネットビジネスにおいては始めるのが簡単な分、結局途中でやめてしまう人が多いのが現状です。

しかし、どんなビジネスでも「途中で諦めてしまってはそこで終わりです」

しかも、厄介なのはこういった人ってノウハウコレクターに陥ってしまう可能性が非常に高いんです。

 

中国輸入は稼げない⇒じゃあせどりなら稼げるんじゃね?⇒せどりでもだめだから違うビジネスでもやるか!

 

こんな感じに次々と違うビジネスに手を出しちゃうんですよね・・・。


 

タグ :            

ネットビジネス初心者コンテンツ    コメント:0

ネットビジネスで稼ぐ お金を稼ぐ為にお金を使う

中国輸入で稼ぐ為のマインド お金を稼ぐ為にお金を使う

 

okaneha

 

hideです。

 

物販ビジネスで稼いでいく上で大事な事はまずは「売る為の商品を仕入る事」

アフィリエイトの様なビジネスとは違い、物販ビジネスはその字の如く商品を販売して収益を得るビジネスです。

 

この物販ビジネスでは稼ぐ為にはやはり商品を仕入れる為の「投資」をしていかなければなりません。

稼げない人やこれからビジネスを始める初心者さんによくある悩みなのですが、「売れなかったらどうしよう・・」といった気持ちが働いてしまい、一番大事な部分の「投資」に対しメンタルブロックがかかってしまう事がよくあります。

 

正直僕のところに寄せられる相談でもダントツに多い悩みです。

しかし、稼げない人ほどこの負の連鎖にハマっている事に全く気がついていないんですね。


 

タグ :            

ネットビジネス初心者コンテンツ    コメント:0

ネットビジネスで稼ぐ 引き寄せの法則は普段の努力から

中国輸入で稼ぐ為のマインド 引き寄せの法則は普段の努力から

 

success

 

 

hideです。

 

さて世の中には様々なビジネスの成功者の方がいます。

 

ソフトバンクの孫正義会長

ユニクロの柳井正社長

楽天の三木谷浩史社長

ドンキホーテの安田隆夫社長

 

今では誰もが知っている様なビックネームになった人達ですが、こういった人達が初めから強力なコネがあり成功したかというとそうではありません。


 

タグ :                    

ネットビジネス初心者コンテンツ    コメント:0

ネットビジネスで稼ぐ 出来ないではなく出来る方法を考える

中国輸入で稼ぐ為のマインド 出来ないではなく、出来る方法を考える

 

houhou

 

hideです。

 

ビジネスを行っていると、必ず困難な状況に陥る瞬間があります。

僕もこれまでビジネスを行ってきた中で様々な状況を経験してきました。

 

ただ、そんな状況に陥っても「もう出来ない・・・」ではなく「どうやったら出来るか?」「どうすれば解決できるか?」を常に意識してビジネスを回すようにしてきました。


 

タグ :            

ネットビジネス初心者コンテンツ    コメント:0

中国輸入ビジネス 僕が月収100万を稼ぐ為に行った戦略と対策

中国輸入ビジネス 僕が月収100万を稼ぐ為に行った戦略と対策

 

82959ab16679bcb71368db7a991e141d

 

こんばんわ

hideです。

 

中国輸入には、大きくわけて二つの稼ぎ方があります。

 

1つは相乗りで稼ぐ方法で、もう一つはOEM商品などを作成し新規出品を行っていく方法です。

 

僕は今現在は中国輸入は全て新規出品を行う戦略を取っていますが、月収100万を通過するまではずっと相乗り出品をしていました。


 

タグ :                

中国輸入ノウハウ    コメント:0